【円形脱毛症.com】〜免疫反応による治療〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
enkei0datumou★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは円形脱毛症の治療と対処法として、免疫反応による治療をご紹介していきます。

円形脱毛症の治療は、現在でも根本的な治療法は確立されていませんが、症状を抑える対症療法は数多く存在しています。しかし根本的な治療が確立されていないだけで決して治らないという病気ではなく、放置していても自然と治ることも多く治療が困難な病気というわけでもないということは予め知っておきましょう。

治療法の中でも、免疫反応を利用した治療法があります。接触免疫療法や局所免疫療法とも呼ばれます。この治療法は、SADBE(スクアリック酸)やDPCP(ジフェニルシクロプロぺノン)という特殊な化学物質を使用して、皮膚に弱いかぶれを起こさせて免疫機能の変調を促す治療法です。週に1度のペースで塗布を繰り返し、徐々に濃度を薄いものから濃いものへと変化させていきます。
治療効果は難治性のものも含めて60%以上と、比較的高い効果が期待できますが、個人差は否定できません。

さらに副作用としてかぶれがひどくなるケースや痒みが強い場合などもある為、注意が必要となります。薬品の濃度や塗り方が重要ですので、専門医にしてもらうべき治療です。また日本では保険適応の認可が降りていないため、自費診療となります。


⇒ 内服薬による治療

⇒ 塗り薬による治療

⇒ 紫外線による治療

⇒ 刺激による治療

⇒ 効果的な漢方

⇒ 効果的なツボ

sponsored link



【円形脱毛症.com】TOP

copyright©2014  【円形脱毛症.com】〜原因・期間・治療〜  All Rights Reserved