【円形脱毛症.com】〜紫外線による治療〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
enkei0datumou★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは円形脱毛症の治療と対処法として、紫外線による治療をご紹介していきます。

円形脱毛症の治療は、現在でも根本的な治療法は確立されていませんが、症状を抑える対症療法は数多く存在しています。しかし根本的な治療が確立されていないだけで決して治らないという病気ではなく、放置していても自然と治ることも多く治療が困難な病気というわけでもないということは予め知っておきましょう。
治療法の中でも、紫外線を使用した治療法があります。以下に詳しくご紹介していきます。

【PUVA療法】
長波長紫外線(UVA)を患部に照射し、リンパ球の増長を抑えます。紫外線を当てる前にソラレンという光毒性のある薬剤を外用することで、紫外線の効果を高めます。
免疫機能に影響を与える治療法で、アトピー性皮膚炎などの皮膚病に用いられます。数か月に渡って週1回程度の照射を行いますが、症状によって回数や頻度は異なってきます。また、副作用として痒みやヒリヒリ感、発赤や水ぶくれなどの日焼けに似た症状を起こすことがあります。特に治療後は日差しを出来るだけ避け、日光に含まれる紫外線を受けないようにする必要があります。

【ナローバンドUVB療法】
中波長紫外線(UVB)の内、発がん性のないとされる波長(311±2nm)を使用する治療法です。PUVA療法と同じく乾癬やアトピー性皮膚炎など様々な皮膚病に効果的な治療法です。
PUVA療法のように前もってソラレンを使用することも必要なく照射時間も短いこと、安全性も高い為子供や妊婦にも適応することなどから、現在では主流になりつつあります。内服薬やステロイド外用薬との併用も可能で、投薬量を減らすことも期待できます。

【スーパーライザー療法】
紫外線ではなく赤外線ですが、直線偏光近赤外線という特殊な光線を照射する治療法です。この赤外線は皮膚の奥まで届くため、筋肉や関節の治療にもよく用いられます。自律神経に働きかけて血行を改善し、鎮痛や抗炎症作用に優れた治療法で、肩こりや神経痛、自律神経失調症など様々な病気に適応しています。


⇒ 内服薬による治療

⇒ 塗り薬による治療

⇒ 免疫反応による治療

⇒ 刺激による治療

⇒ 効果的な漢方

⇒ 効果的なツボ

sponsored link



【円形脱毛症.com】TOP

copyright©2014  【円形脱毛症.com】〜原因・期間・治療〜  All Rights Reserved